あなたの名刺は縦型?横型?正しい名刺の渡し方を確認しましょう

ビジネスマナーとも言える名刺の渡し方。名刺交換は商談の前に必ず行います。相手に失礼がないためにも、押さえておきたい基本の動作ですね。確認しておきたいのが、自分の名刺が縦型か横型か。形によって当然渡す向きが違います。

新人であれば、多少の失礼は大目に見てもらえる場合もあるかもしれませんが、社会人の常識として、名刺の渡し方を確認しておきましょう。

渡す前の基本動作を確認しましょう

まず押さえておきたいのが、名刺は目下の人から目上の方に渡すのが礼儀だということです。商取引がある場合、お金を支払う側が目上、お金をもらう側が目下と考えられる習慣があります。

同行する人がいる場合、不安でしたら取引関係を確認しておきましょう。渡す前の基本動作として、名刺入れから名刺を渡す人数分取り出し、名刺入れの上に重ねます。この時、名刺入れ及び名刺の向きは、名刺が縦型なら縦置き、横型なら横向きに置きます。

名刺の向きは、自分が読み取れる向きに置いておきます。相手に渡す際に、相手が読めるように向きを変え、渡すという流れです。

実際に名刺を渡す時のポイントについて

名刺を渡す際は、自分の会社名や名前が、受け取る前に読みとれる位置で差し出すのが無難です。

緊張のあまり、縦型の名刺を横向きで出すなどの粗相がないように、あがり症の人は事前に練習しておくのもいいでしょう。

まず最初に、名刺は起立して渡すのが基本です。場の状況により座ったまま渡さざるを得ない場合、「座ったまま失礼します」と、必ず一言添えましょう。そして、名刺が縦向きでも横向きでも、名刺の下の部分を両手で持ち、相手に差し出しながら会社名、肩書き、氏名をしっかり伝えましょう。

渡す時に気をつけたいマナーについて

名刺を渡す場合は、基本的に自分から渡すようにするのがマナーです。相手との立場を事前に確認しておき、あきらかに相手から出すべき場合は自分から出さなくても失礼にあたりません。また、名刺は両手で持って渡すのが基本です。

その際、社名や氏名に指がかからないように、下部の両隅を指で挟んで持ち、相手に渡すようにします。相手が複数人いる場合は、肩書きが上の人から順番に渡します。初対面の場合はお互い気まずくならないように、名刺交換の前に挨拶し合ったり紹介し合ったりする場合もあります。

机やテーブルをはさんでいる場合は、一旦離席し、テーブルのわきで交換するのが一般的です。相手が離席しない場合、自分だけでも相手の側面から渡すようにしておけば、間違いありません。また、財布やポケットから直接名刺入れを取り出して渡すのは失礼にあたります。

名刺入れは自分のカバンにしまっておき、カバンから取り出しましょう。

名刺を受取るときのマナーも確認しておきましょう

名刺を受取るときは、必ず「頂きます」「頂戴します」と、一言添えてもらいます。その際、必ず両手で相手の名刺を持つようにしましょう。カバンなどを持っていて片手がふさがっている場合もあると思いますが、片手で名刺を受取るのはマナー違反です。

こんな時は、一旦カバンを置いて、両手をフリーな状態にして受け取るのが基本です。名刺の形が縦型でも横型でも、相手の名刺の社名や氏名に指がかからないように注意して受け取ります。ただし、相手と同時に名刺を交換する場合は、片手で受け取っても差し支えありません。

相手との関係にもよりますが、相手より低い位置で受け取りやすいように名刺を渡すようにすると無難です。自分の名刺が縦向き用、相手の名刺が横型だった場合などは、相手の名刺の向きに合わせて自分の名刺入れの向きを変えて受け取ると、スムーズに受け取ることが出来ます。

目上の人に先に名刺を差し出されてしまった時はどうする?

「私の方が先に」と言って、相手が名刺を差し出しているのに、それを差し置いて渡すのはマナー違反です。こんな時は、「頂戴いたします」と素直に先に受け取りましょう。受け取ってから、「申しおくれました私は…」と一言添えて、渡すようにしましょう。

相手の人柄は初対面ではわかりませんので、焦って我を忘れないよう、ゆっくりでいいので確実に行動することが大事です。

受け取った名刺はどうする?

大事な名刺だからと言って、そそくさと自分の名刺入れにしまってはいけません。特に初対面の相手ですと、名前も覚えていない状態で商談をすることになります。名刺をしまった状態で「失礼ですがお名前はなんでしたっけ?」などと聞くのは、愚の骨頂です。

受け取った名刺は、自分からみて左側に置きます。縦型なら縦向き、横型なら横向きに置きます。又、自分の名刺入れの上に置くのがマナーです。相手が複数いる場合は、相手の中で一番目上の人の名刺を置くようにしましょう。

相手が複数人いる時は、相手の席順に合わせて名刺を並べておくのが基本です。もちろん相手の名前や肩書を間違えて呼称しないためです。また、読むのに難読な名前というのもしばしばありますので、名刺に振り仮名がふっていない場合、振り仮名をふっておきましょう。

商談に入る前にお名前の読み方を確認するのは失礼には当たりません。「失礼ですがお名前の読み方を確認させていただいてよろしいでしょうか?」と、相手に際確認しておくのも大事です。

名刺をしまうタイミングはいつ?

基本的には商談が終わるまでは、相手の名刺はしまいません。相手が離席した後や相手が名刺をしまうタイミングで一緒にしまう、などが一般的なタイミングです。節度ある関係を保ちたいのであれば、相手より先にしまってしまうのは避けましょう。

次回の商談の予定確認が終わった後や、別れの挨拶が終わった後なども、名刺をしまうタイミングです。ただし、厳密に決められているわけではありませんので、場の雰囲気に合わせた柔軟な対応も必要になります。相手や周りの動きを確認しながら、それに倣う方法も有効です。

まれにあるのが、書類関係をしまうのに必死で、相手の名刺をその場に忘れてしまうパターン。相手の会社の情報が記入された重要な物です。くれぐれもしまうのを忘れないように、その場を離れる際には、今一度の注意が必要です。

名刺の形に関係なく相手が気持よく受け取れるよう配慮しましょう

自分の名刺が縦型でも横型でも、相手が社名、肩書き、氏名を気持ちよく読みとれるように渡すことを心がけます。渡す時は目下の立場の人から渡します。受け取る際、相手と自分の名刺の形が違う場合、自分の名刺入れを回転させてスムーズに相手の名刺を受け取るようにしましょう。

名刺をしまうタイミングは、場の雰囲気に合わせ、柔軟に対応します。

参考サイト「名刺 作成